ラウンドファスナー長財布の選び方

最近、ファスナーの内側にも凝ったラウンドファスナー長財布が出て来ています。

財布は内側よりも外装が重要に思われがちです。
ブライドルレザーが外装に使われているが、内側はポリエステルなどの化学繊維といったラウンドファスナー長財布も多いです。

でも、本当におしゃれな人は内側が綺麗だと昔から言われていますね。

ラウンドファスナー長財布も、見比べてみると内装も本革の方が、断然、格好良いです。

そこで、内装にもこだわった高級なブライドルレザーのラウンドファスナー長財布をピックアップしました。

 

シックなラウンドファスナー長財布を選ぶ

男性の持ち物なので、華美ではなく、シックでありたいと思う方は多いと思います。

例えば、ブライドルラウンドファスナー束入れは、大変人気のあるメンズ財布です。

ブライドルレザーの外装が形をしっかりした決めてくれている所が、なにげなく男性的です。

色は4種類から選べますが、どれもシックです。

バッグや服の大人しい色合いと相性が良いので、持ち易いでしょう。

内装もレザーですが、ちょっと洒落ています。
ペイズリーの柄になっています。内側に柄があしらえているなんて!

それも華美ではなく、あくまでシックです。
ファッション的に多くの男性に合うラウンドファスナー長財布だと思います。


 

フォーマルなシーンを想定してラウンドファスナー長財布を選ぶ

男性ならビジネスシーンを想定して財布を選ぶ人が多いでしょうが、さらにフォーマルなシーンにでも見栄えが良い財布を探す方もいるでしょう。

ロンドンブライドルグラディアトゥールは、どことなくドレッシーな雰囲気があるラウンドファスナー長財布です。

貴族の馬具に使われていたブライドルレザーは風格がある外装になっています。
内装は柔らかい高級レザー、オイルが沁み込まれているので光沢があります。それで財布を開いた時に上品に感じられるのでしょう。

また、実際に購入した人の声を見ると、内装のレザーの柔らかさが評判良いみたいです。

参照) 購入者の声 掲載ページ へ

色は6種類もありますが、やはり一番目にとまるのは、アルバートレッドでしょうね。
外装が紅の色、内装が黒で、お洒落なラウンドファスナー長財布です。

パーティなどの華やかなシーンに合うでしょう。
大変人気があるので、製造待ちが多い財布です。


 

札入が多いラウンドファスナー長財布を選ぶ

通常はラウンドファスナー長財布には2つの札入れ部分があります。
しかし、もっと札を分けて持ちたいという男性もいますね。

ブライドルレザー&ルーガシュルダは、札入れ箇所が4つあるラウンドファスナー長財布です。
それでも、厚みが2.5センチに抑えられています。

内装も本革が使われていて、縫い目が綺麗です。
色は3色から選べます。


ブライドルレザー&ルーガシュルダ

札入れ部分が4つあるラウンドファスナー長財布は珍しいです。


 

ブライドルレザーにこだわったラウンドファスナー長財布を選ぶ

ブライドルレザーは堅いので、外装に使われても、内装は柔らかい他の革が使われるのが通常です。

しかし、気品あるブライドルレザーにこだわって内装までもブライドルレザーにしたのが、
ジョージブライドルロイヤルウォレットです。

だから、財布を開いた時に内側も、ブルームが目に留まりました。プルームとはブライドルレザー特有の白っぽいワックスです。

ブライドルレザーの証ですね。
ブライドルレザーの気高さが、内側にも感じられます。

ブライドルレザー愛好家ならば、手に持つと欲しくなるラウンドファスナー長財布でしょう。
内装までブライドルレザーが使われたラウンドファスナー長財布は、本当に希少ですからね。

実際に購入された人の声を見ると高級感を賞賛する人が多いです。

参照) 購入者の声 掲載ページ へ

色は6色から選べられます。
ブラックとロイヤルブラウンが特に人気がある様です。