かぶせタイプの長財布の選び方

かぶせタイプの長財布を選ぶ男性は、スーツの内ポケットにスマートに入れたいと思うでしょう。

収納力は?

支払いのスタイルによってマチがある方がいいのか、無いのが好みか?選ぶ基準が分かれますね。

ブライドルレザーのかぶせタイプの長財布の選び方を下に分類してみました。

スーツの内ポケットから長財布

 

名入れ無料のかぶせタイプの長財布を選ぶ

下のブライドルレザーの長財布 Ritour リツアは名前を無料で入れてもらえます。




財布に自分の名前が入っていると嬉しい気がするのは私だけでしょうか?
財布は自分だけが使うものですからね。

プレゼントにも名前入りだとその人の為に買ったものだという事が伝わり、良い贈り物になると思います。



財布詳細ページ へ

ブライドルレザーなのでしっかりとフォルムが決まっています。
カードポケットが12、フリーポケットが5つあります。

マチが無いので、お札は沢山は入りません。現金を沢山持ち歩かない男性ならば、マチが無い方が持ち易くていいと思います。





 

マチのある100万円入るかぶせタイプの長財布を選ぶ

ブライドルインペリアルウォレットは、ブライドルレザーのかぶせタイプの長財布で群を抜いて人気があります。

マチつきなので、お札が沢山入ります。100万円も入れられる!
実際は大金を持ち歩く人は少ないでしょうが、重厚感が高評価されているのかもしれません。

スーツの内ポケットに入れ易さよりも収納力を優先させたかぶせタイプの長財布です。
でも、ブライドルレザーが形をシュっとさせているので、厚ぼったい感じはしないです。




財布詳細ページ へ

実際に購入した人の声を見ると、一目ぼれして買ったという人が多いです。デザインや色が高評価を得ている様です。

だからプレゼント用として購入したという記述も多いのだと思います。
また、今まで二つ折財布を使っていたのだけれども、初めて長財布を買ったという声も目に留まりました。

長財布としてブライドルブレンデルウォレットは購入し易さがある様です。

参照) 購入者の声 掲載ページ へ

カードポケットが13、フリーポケットが4つと小銭入れがついています。

色は7色から選べられます。





 

ブライドルレザー上級者向けかぶせタイプの長財布を選ぶ

ブライドルレザーの財布の中で、最も上級者向けなのが、ジョージブライドルバイアリーウォレットでしょう。

外装だけでなく、内装にもブライドルレザーが使われています。
ブライドルレザーは堅牢なので、全体的にかためです。特にカードポケットは初め入れ難く感じるかもしれません。

ただし、見た目がほれぼれする様な気品があります。
その上、マチがないので細身の長財布です。とてもスタイリッシュです。




財布詳細ページ へ

実際に購入した人の声を見ると、カードポケットは初めかためらしいです。
また、デザインがシンプルで薄いのですが、風合いや高級感があるという評価が目につきます。

参照) 購入者の声 掲載ページ へ

やはり、ブライドルレザーの格好いい財布と言ったら、私は真っ先にジョージブライドルバイアリーウォレットをあげるでしょう。

兎に角、見た目重視ならば、ジョージブライドルバイアリーウォレットがお薦めです。

カードポケットが14個、フリーポケットが2つ、そして小銭入れがついています。

色は6色から選べます。
私はブラックが一押しです。




 

マチがあるのにスタイリッシュなかぶせタイプの長財布を選ぶ

ビジネスマンならスーツに合う、スーツの内ポケットにスマートに入れられる、そんな薄型のかぶせタイプの長財布を好む人も多いでしょう。

お札をしっかり入れられてスタイリッシュなかぶせタイプの長財布と言えば、ブライドルブレンデルウォレットです。

マチがあるけれども、小銭入れが無いので、スーツの内ポケットに入れ易い薄さになっています。


財布詳細ページ へ

私もそうなのですが、スーツの内ポケットには小銭を入れたくない人は多いと思います。スーツから小銭がぶつかる音がするのは、安っぽく感じます。小銭はズボンのポケット等に分けて持ちたいという男性向けです。

実際に購入した人の声を見ると、小銭入れ無しの長財布を探している男性が多いのがうかがい知れます。また、丈夫、頑丈といった評価も多いです。

もしかしたら、ブライドルブレンデルウォレットはブライドルレザーのメリットが感じやすいかぶせタイプの長財布なのかもしれません。

参照) 購入者の声 掲載ページ へ

 

カードポケットが6つ、フリーポケットが3つあります。

色は7色から選べます。
ブライドルレザーと内側のヌメ革のコントラストが綺麗です。トラッドな雰囲気がありますね。